他の誰の為でもなく


by ReZef

日曜その後。

時間との折り合いを鑑みて、グラバー園まで行ってきました。
c0184365_18313042.jpg

なんといいますか、雰囲気が良いですね
ゆるりとした空間の見せ方に異国情緒を感じます。
c0184365_18314334.jpg

でもやっぱり日本であることまでは隠せないのですよね。
細かい道の作り方とか、土地の使い方が違ったりとかするのでしょう。
それ以上に、雰囲気が違うというか、空気までは変えられないというか。
そういったところで何かを感じてしまいます。
あえていうならば、和洋折衷、でしょうか。
和を取り入れているわけではないので意味が若干違いますが。
c0184365_18315746.jpg

そういうのを抜きにしても、当時の生活や様式を垣間見れるというのはおもしろいモノです。
また、園内には当時の衣装?を貸してくれるところもあり、
フリルのたくさんついたドレス姿で写真を撮る人も見受けられました。
c0184365_18321013.jpg

グラバーやオルト、リンガーに関するのパネルは
お茶や生糸、三菱やキリン絡みの説明がほとんど。
武器証人としての側面はあまり、というかほぼ書いていない。
c0184365_18322669.jpg

そこに大浦お慶はともかく、
(自体は昨今のブームの影響なのか)坂本龍馬や岩崎彌太郎の名前を出しても
つながりが曖昧で説明に無理を感じてしまうのが何とも……。
歴史に詳しくない私が言うのも何ですけどね。
c0184365_18323744.jpg

園内にはフリーメイソンロッジの門があったのですが(写真は取り損ねた)
フリーメイソンからシャーロックホームズを連想してしまった私です。
確か、依頼人との初対面時に
その依頼人がフリーメイソンである、ということをその場で推測したんじゃなかったっけ。
c0184365_18325162.jpg

そんなことを考えつつも、のんびり散策するのは楽しいモノです。
[PR]
by rezef | 2010-05-18 18:33 | 雑記