他の誰の為でもなく


by ReZef

手帳の様相の変化。

c0184365_1804869.jpg

紙のメモ帳と多機能ペンを使うようになり「メモ」の様相が様変わり。
実際には絵や図、算式が増え、色が付き、
各種マーキングやチェック・加筆が容易になったという程度の物。
当たり前の事なれど、重要かつPDAが最も苦手とする事。
今まで埋もれがちだった重要箇所や補足説明等が明確になったのは大きい。

このメモは、時間があるときにPDAに書き写す。
入力項目はまとめ・検索用キーワード・引用元・重要事項等と最低限に留める。
こうすればPDA側で検索をかければ直ぐに探せる。
また入力を最小限に留める事で、PDA側での入力も容易になるという寸法。
とっさの場合でもPDA一台有れば何とかなる。

……といった感じで、思ったより自然に
デジタルとアナログの併用が可能になった事に驚いてる。
メモをPDAに書き写すのが億劫かとも思ったが、
復習や後々の考え直しの切っ掛けにもなるので悪くない。

そうなってくると、それまでとは違った物が欲しくなるから困りもの。
使い方が変われば、使い方に合ったものを選択したくなるのは当然なれど
今まで使っていた物を全て替えていくのも勿体ない。
特にPDAはそれなりに高価なのでなおさら。
手元にある物から、用途に適した物を一つづつ拾い出していく事にする。
[PR]
by ReZef | 2009-02-02 18:00 | 雑記